AGAによる皮脂の異常分泌 - AGA病院ランキング

AGAによる皮脂の異常分泌

AGAによる皮脂の異常分泌 

「男性型脱毛症」、AGA(androgenetic alopecia)は、思春期以降の男性にしばしば見られる、髪が薄くなる症状のことです。
現在、成人男性の約3人に1人が悩まされているとされており、多くの人にとって身近な症状です。
原因は、遺伝や男性ホルモンの影響の他、ストレス、生活習慣の乱れなどもあるとされています。
AGAの症状の一つに、皮脂の異常分泌があります。
AGAで悩んでいる人は、頭皮から皮脂が異常分泌し、それが毛穴に詰まった状態になっている場合が多いです。
これは、AGAを引き起こす原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)が皮脂腺を肥大化させ、異常分泌を引き起こすことが原因とされています。
こうした状態は、もちろん清潔感においてもあまり気持ちが良いとは言えませんが、それ以上にAGAの治療の大きな妨げになると考えられます。
皮脂が頭皮の毛穴に詰まっていると、育毛剤などをつけても成分が毛穴に入らず、効果が激減してしまいます。
さらに、汚染された土壌に草木が育たないように、毛穴が詰まった頭皮では髪の毛も生えてきません。
そのため、AGAの治療には育毛剤などといったプラスアルファのケア以上に、しっかりとシャンプーをして、頭皮をキレイにすることが欠かせないのです。