AGAとタバコの関係性 - AGAクリニック ランキング

AGAとタバコの関係性

AGAとタバコの関係性 

AGAとは男性型脱毛症のことです。
額の生え際、つむじを中心に薄毛が進行していくという特徴があります。
タバコが健康面や体に悪いということは広く知られています。
実はタバコは毛髪にも悪影響を及ぼしているのです。
タバコはニコチンというものが含まれています。
吸収されたニコチンは血液を通過し、尿として出されます。
しかしタバコは血流を悪くする作用があり、頭皮まで栄養を行き渡らせることが難しくなるのです。
さらには血行を低下させるだけでなく、毛根の細胞を攻撃し、破壊していまうことがあるのです。
髪を育てる栄養素も、血液を通ります。
日常的に栄養を摂っていても、血液の流れが良くないと頭皮まで十分に届かないのです。
よって発毛の妨げになてしまいます。
つまり百害あって一利なしということです。

ニコチンを摂取しない方法は、電子タバコなどがあります。

AGAは遺伝的なものもありますが、過度な喫煙は発症リスクを高めてしまう恐れがあります。
AGAに悩まれている方は、過剰な喫煙をやめることが最善です。
健康にも経済的にもプラスになります。
AGAの場合、円形脱毛症のように自然治癒を期待することが難しいのが現状です。
AGA専門の医療機関がありますので、一度相談してみることをお薦めします。

頭皮 AGA