AGA治療に使われるプロペシアと育毛の関係 - AGA病院ランキング

AGAによる皮脂の異常分泌

男 

AGA治療で使われる代表的な薬がプロペシアです。そもそもAGAになる原因としては男性ホルモンが大きく影響しており、プロペシアはそれらに対して作用します。

頭髪が薄くなる原因としての男性ホルモンの働きとしては、男性ホルモンのテストステロンが分泌されると体内に存在する5α-還元酵素によっテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されます。このジヒドロテストステロンは男性ホルモンとしての働きが強いため、頭髪に対して発毛サイクルを阻害することになります。

プロペシアに含まれる有効成分であるフィナステリドは5α-還元酵素に作用してジヒドロテストステロンの生成を阻害することができます。これにより抜け毛の原因が取り除かれる仕組みです。
一方で、あくまでも抜け毛の原因が取り除かれるだけなので、育毛作用自体はないとされます。しかし、ほとんどのケースで原因物質が取り除かれることで環境が改善され再び毛が生えてくるとされます。